生涯独身は本当に不幸?アラフォー独女が思うシングルのメリットとデメリット

記事内に広告が含まれています。

「結婚しない」という選択をする若者が増えてきていますね。

私も若い頃から「一人の時間」が落ち着く性質で、30歳を超えた頃にはぼんやり<生涯独身>という生き方を思い描くようになっていました。

アラフォー独女の私が思うに生涯独身はそれなりに幸せな選択だと思ってまいます。ですが、幸福だと思えるか否かは個人の性格だったり特性だったりに左右されると思います。

今回は40代独身の立場から「生涯独身」のメリット・デメリットをまとめてみました。

えるこ
えるこ

独身が辛い方や結婚に迷う方にとって参考になれば。

はじめに

私は独身でいる理由について。確固たる意志で独身を選んだ訳ではありませんが、結果的に「そこまで結婚にメリットを感じなかった」の一言に尽きます

私も一時期登録していましたが、今は婚活アプリもあり結婚すること自体が難しい時代ではないと思っています。難しいのは「結婚したいと思える人がいない」ことだと思います。

この「結婚したいと思わない」の正体をこの記事では掘り下げています。

ねこ
ねこ

結婚できない女の負け惜しみでは…

えるこ
えるこ

モチベーションを持てなかったとゆうお話です!

女性の生涯独身は本当に不幸なのか?

そもそも独身女性は不幸なのでしょうか?

以前、ニュースメディアで興味深い記事を読んだことがあります。海外の研究で人生の幸福度は結婚・子育てとは相関しないというデータが得られてるそうです。

男性は結婚することにより生活に「落ち着き」を得て、より仕事に打ち込み多くのお金を得ることができ、より長生きします。一方で結婚した女性は未婚の女性よりも早く死亡する傾向があるとのことで、最も健康で幸せなのは未婚で子どものいない女性である。

出典:GIGAZINE(https://gigazine.net/news/20190602-unmarried-childless-women-are-happiest/

要約すると

・「結婚・子育て」は幸福度と強く相関しない
・「未婚・子なし女性」は「既婚・子あり女性」に比べて健康で長生き

日本では「結婚・子育てこそ女性の幸福」という概念や、「いい歳をして独身なのは人間性に欠陥があるから」と不名誉なレッテルが文化的に根付いています。

それにも関わらず、女子の就業率と比例するように特に年収の高い女性の独身比率が増えている現状は、女性が本能的に負担感を回避しているからかもしれません。

えるこ
えるこ

日本の未婚率上昇は既婚女性の負担の多さが原因かも…。

【選択的非婚とは】私が独身を選ぶ理由

生涯独身のメリット

ここからは独身のメリットを私見たっぷりに語りたいと思います。

煩わしい人間関係が苦手

人付き合いは大切だと分かっていても、苦手な人間にとっては苦痛なもの。

自分の周囲にも「義理の両親」や「子どもの友人関係」で悩んでいる人がいますが、素直に大変だなあと思います。

時間とお金を自由に使える

子育てが始まると全てが子ども優先になるので、時間もお金も犠牲にすることになります。

その犠牲以上に結婚・出産によって得られるメリットや幸福感のほうが大きいと感じる人が既婚者になれるのだと思いますが、私の場合は価値を見出せませんでした。

そもそも一人が好き

私は元来、面倒くさがり屋で身体も疲れやすく、休日は人と離れて一人で過ごす時間が至福です。

四六時中誰かと過ごす事が幸せだと思えませんでした。

子どもを産めとゆう社会的圧力が嫌い

年配の方を中心に、若い方でもこういう偏見ってまだあります。

わたしは10代の時の病気と手術が原因で妊娠しづらくなってしまい、その頃からそもそも結婚願望が薄いし、この偏見もめちゃくちゃ嫌いです。

この国の未来を信用してない

仮に子どもを産んだとして、将来貧乏になっていくこの国に自分の子どもは託したいと思いませんでした。

生涯独身におけるデメリットは?

レッテルとハラスメント

未だに「独身は性格が悪いから」とゆう社会的偏見はあります。

また、ソロハラスメントも実際にあると感じます。自分の勤め先でも「出張・残業・異動」等、独身が我慢する機会も多くマイノリティゆえの生き辛さは根強いです。

子供を持てない

先程は「子どもを持たないメリット」を語りましたが、こればっかりはどちらが良いとは言えないでしょうね。

子どもを持たないことにメリットは感じていますが、子どもが嫌いな訳ではないので純粋に子育てしている人たちを羨ましいとも感じています。

税制及び社会的優遇が無い

社会における優遇措置やサポートは皆無と言ってよいとおもいます。

手当や控除は基本子育て層に集中してますので、独身とゆうだけで税負担は大きくのしかかってきます。

実質「独身税を支払っている」と言ってよいです。

えるこ
えるこ

この負担を理解せず「産まない人は年金もらうな」等言われるとイラっとします…

独身に向いて言える人ってどんな人?

以上の理由から私は生涯独身とゆう生き方にメリットも感じています。

でも「結婚したくない」人もいれば、「独身でいる事が辛い」人もいると思います。私が思う独身に向いている人はこんな人です。

こんな人が独身を楽しめる!
  1. 一人の時間が好きで確固たる自分の趣味がある
  2. 生活できるだけの安定収入がある
  3. 周囲の評価や偏見が気にならない

私自身も一人旅は趣味で自分のためにお金と時間を使いたいタイプの人間です。

先程も語りましたが、「独身=負け組」という偏見は未だに根強いです。

周囲の目が気になったり誰かと自分と比較して苦しくなってしまう人は、頑張って婚活をしたほうがいいかもしれません。

まとめにかえて

日本では結婚至上主義が根強かったり同調圧力の風土もあり、独身であることが「他社からの偏見」や場合によっては「勤め先での評価」に繋がることは多々あります。

他人からどう思われているかが気になって病む人は間違いなく結婚をすべきと思います。

しかし、

・就業女性の未婚率上昇
・国内離婚率

の数字が示す通り、結婚することが必ずしも幸福な選択だと思いません。

安定した収入があり一人の生活に満足できる人は独身でも幸せになれる時代だと思います。

選択的非婚に迷う方や独身でいることが苦しい人に参考にしてもらえればうれしいです。

えるこ
えるこ

周囲の目は気にしなくて大丈夫、だと私は思うよ。

タイトルとURLをコピーしました